トンネルの向こう側



ブログを月末にアップすると決めているわけではないのですが、

今月もやっぱり最終日になってしまいました。。笑


夏至も過ぎ、2021年も折り返しなんですねぇ〜、信じられないっ!


今月、HPのデザインをリニューアルしました☆

セッションメニューなど、少しでも見やすくなっていたら嬉しいです。

(PC音痴の私に色々教えてくれる和歌山のT氏に感謝します笑)


今月15日の天赦日×一粒万倍日には、セドナの父クレッグ・ジュンジュラス氏と

大槻ホリスティックのコラボレーションセミナー(グループヒーリング&エンパワーメント)

のアシスタントをさせていただきました。


クレッグ氏はヒーラー/サイキックティーチャー、大槻先生はヒプノセラピーの師匠です。

尊敬する両先生のお手伝いをさせていただけて光栄でした!


私のセラピストとしての始まりは、2017年春のお二人の2daysセミナー:

「プロの癒し手への扉〜スピリチュアル・セルフヒプノシス&ライトワーカーの目覚め」でした。

こういうセミナーに参加するのも初めてで、かなり警戒しながら受講し、

おしゃべりの私がランチでも誰ともお話しませんでした(今では笑い話!)

大切なセラピスト仲間と出逢い、数年後に先生達のアシスタントをしたり、

ライブ配信をご一緒するなんて、、人生って本当に面白いですね笑


15日夜は『魂のGPSを発動させるには?』というLIVEを行いました。

"魂のGPS...?"と思った方はFacebookグループ「ハートフルネスリンク」に

是非ご参加くださいね♪

(お名前とメールアドレスを入力するだけで、いつでもアーカイブ動画をご覧いただけます)


カーナビやGoogleマップが私たちを目的地へナビゲートしてくれるように、

本来の自分になり、人生の使命・目的に目覚めると、

迷いなく真っ直ぐに自己実現への道が開けていく。。そんな対談でした。


私も遠回りしたけれど、導かれるように天職と言えるセラピスト業に今就いて、

毎回鳥肌が立つような感動ややりがいを感じていますし、

皆様の笑顔や放つエネルギーの変化に内側から喜びが溢れます。


幼少期の心霊体験や思春期の葛藤、介護や美容の勉強をしたこと、

ネイリストとして長年接客の経験を積んだこと、

社会に出て人間不信になり命を絶とうとしたこと(!)、

NYで過ごした数年、、すべてが"今の私"になるために必要だったプロセスです。

無駄なことは何一つなく、全てが必然で起こる、人生にもたらされること。


もっと大きな意味で言うと、私たちの魂が成長するために

自らこの肉体や国、時代、両親を選び、設定していると言っていい。

前世・過去世でやり残したこと、学び足りないことをまた人間として生まれ、

沢山の人と出会い(魂の再会も多い)、色々な経験や失敗から学び、

成長・進化していくのですね。


輪廻転生の考え方です、今回の人生を終えて肉体を離れても魂は生き続ける。

肉体という乗り物を乗り換えるだけで、運転手(魂)は変わらないという。

私も自分がヒプノセラピーで前世退行を体験してから完全に理解することができました。

(前世はあるということを認めざるを得ないVRのような衝撃体験でした笑)


私は20代後半で人間や社会に絶望してどん底を経験したからこそ、

"もう生きているのがつらい、、"とおっしゃる方の気持ちに寄り添うことができます。

皆さんの闇は私も経験した闇なのです。

でもその真っ暗闇のトンネルからここまで来ることができました。

今は光の方向を指し示すライトワーカーとなり、

昔の私のようにトンネルの中にいる方達のお手伝いもさせていただいています。


実体験から、人間の生命力・レジリエンスと、危うさ・愚かさの両極を知っています。

人間は弱いですが、強いのです。

光と闇は表裏一体、今暗闇の中にいる方はどうか諦めないでください。

自分さえ諦めなければ、必ず光の方に戻って来ることができます。


一番苦しい時、家族や周りのことも何も考えられない状態になることも知っています。

けれど、残されたご家族のサポートもさせていただいている今は、

ご家族の心に一生消えない悲しみや後悔、罪悪感のインクが落ちたまま

何年も苦しまれていることも知っています。。。


大人たちは昨年からの自死率の増加から目を逸らさずに。

他人事ではないのです、若者たちが未来に希望を持てず、

信じられないくらい亡くなっています。


どうかご自身と人生を信頼し、時が過ぎるのを少し待っていただきたい。

時間だけはどんな時にも平等に流れ、全く一緒の明日は来ません。

レジリエンスという名の回復力が人間には備わっています。

ただ横になって何もしなくても数日が過ぎ、体は水分や食べ物を欲します。

それもある意味レジリエンス、そして生物のホメオスタシスでしょう。

少しずつ、少しずつ、心も体も回復します、自分さえ諦めなければ。


そんなシリアスな状態になる前に、誰かにSOSを。

蓄積した悩みやストレスは膿んで心をマヒさせ、自分を失います。

膿になる前に、こまめに吐き出しましょう。

家族や友達に言いにくい時は、カウンセラーやセラピスト、医師を頼ってください。

誰かに心の内を話す・聞いてもらうだけで、少し楽になります。


欧米ではマッサージやヘッドスパに行くように、

カウンセリングやセラピーに行くことを恥としません。

心のケアやメンテナンスとして、当たり前に利用されています。

ネガティブな状態になった時だけでなく、そうならないためのライトな感覚で。


自尊心の高い日本人は人の目を過剰に気にしますが、

とても繊細で生真面目な国民性だからこそ、

最も心のケアが必要な人種ではないでしょうか。

今は対面でなく、オンラインでも受けられる時代です。

たった一時間で心も体も少し楽に軽くなれるかもしれません。

どうか一人ぼっちで抱え込まないでください。


カウンセリングからお待ちしていますね。

私でなくても、検索してピン!ときた方にコンタクトを取ってみてください。

そのピン!というご自分の感覚を大切にしてくださいね。


何度も目や耳に入ってくる言葉やメッセージも意味があります◎

目に見えないあなたのサポーターたちが、

誰かや何かを介して伝えてくる、魂のGPS機能のひとつ。

それは映画やドラマのワンシーン、小説や楽曲の一節かもしれないし、

電車の中吊り広告やラジオから聴こえてくる何かかもしれない。

SNSやこういうブログで誰かが発信していることも、

気づきや変わるきっかけをくれることもありますよね。


私も何度も何度も「ヒプノセラピー!」とメッセージを受けていたのを

ずーーっと無視し続けてきましたが、ある朝隕石が落ちたようなインパクトで

「数日以内に絶対にヒプノセラピーを受けろ!!!」と啓示に近いものを受け、

検索→すぐに予約の取れたサロン=縁もゆかりもない相模大野の

大槻ホリスティックに向かい(これも必然ですが)、

初セッションで衝撃+感動体験をして、結局ヒプノセラピストになってしまいました笑


今はもうこのセラピスト業を死ぬまで全うしたいです。

永遠に人間の心理と癒しのアプローチを学び続け、深め、引き出しを増やし、

色んな方のサポートさせていただくこと=私のライフミッションです。 30代半ばで見出せたこと、幸せに思います。 27〜28歳頃、都内某所で死ななくてほんとに良かったなぁ。。。

誠実な親に大事に育ててもらったのに、東京で顧客情報などを盗んだ泥棒にされ、

話も一切聞いてもらえないまま突然会社から解雇され、

嘘をついて騙した人を恨んで、自分の潔白と尊厳を死を以って証明しようとしたのです。

...これが、ほんとにあった怖い話です笑笑

かなりギリギリのところでした、一番の親不孝をするところだった。

今ならなんて愚かなことを、、と思いますが、

人間の心が壊れると何をしでかすかわかりません、身を以て知っています。

数年人間不信に陥りましたが、周りの人達のおかげで

少しずつまた人を信じられるようになりました。

29歳でNYに飛び、"自分"と"今"を生きている様々な人たちに出会い、

街からもパワーをもらって、完全復活!というかREBORN!かな笑


平気で嘘をついたり、陥れる人間に絶望した人生の暗黒時代がなかったら、

セラピストにはなっていないかもしれない。


自分も自らこの人生を終えようとした経験があり、

その長くて暗いトンネルから抜け出て、今とても明るいところで

毎日笑って生きているから、諦めないでほしいという心からの願いがあります。


「夜明け前が一番暗い」という言葉がありますね。


暗く孤独な夜を過ごした人には美しくあたたかな朝陽の光が、

長いトンネルにいる人には出口へのやさしい光が差し込むと信じたい。

でも、目を開けて起き上がってカーテンを開けるのも、

出口を求めて一歩ずつ歩き出すのもあなた自身です。


希望の光すら信じられない、朝陽を見たくない状態もわかります。

ゆっくり、ゆっくりね。

自分の奥底にある力を信じて、しばらく待っていてください。


ほんの少しだけ、誰かと話す気になったら、

よかったら、私に話してくださいね。

もしくは、"カウンセリング"などを検索してみてください。

あなたの力になってくれる人がきっといます。


今、トンネルの中にいる方に届きますように。。。