今、ここ



秋晴れの続く良い季節に、日本がまた悲しみに包まれています。。。 2020年は世界中が混乱の中にありますが、 真面目で周りからの影響を受けやすい繊細な日本人の精神(心)が疲弊し、 悲しい出来事にダウンし、不安と闇が広がっているように感じます。 ここで一度、そのスパイラルから抜け出しましょう。 「今、ここ」「自分」のことだけに集中です。 私は小さい頃から、人から聞いた悲しい話に泣いたり、 悲惨なニュースを見ては、まるで自分も体験したかのように感じる子供でした。 それがエンパス体質だと理解したのは数年前のことです。 共感力や感受性が強いことは悪いことではありませんが、 それが過敏すぎると、他人事で不安定になったり疲弊します。 人を思いやる心はそのまま大切にしていますが、 今は自分のそういう繊細な部分をコントロールしています。 セラピストとして仕事をする上で大切なのは、 常に揺るがず、中立であることだからです。 辛くて泣いているクライアントの話を聞きながら、 一緒に泣くセラピストやカウンセラーは 一見やさしくて良いように思えますが、プロとは言えません。 一緒に泣いてくれることで一瞬癒されるかもしれませんが、何も進歩がありません。 感情的にならず、あくまで客観的に、少しでも良い方向に進むようにサポートする役です。 (でもプライベートでは、友人と一緒に泣いたりもしますけどね、笑) 人間やっぱり落ち込んでしまう時はあります。 私にも大なり小なり人生にドラマがあり、自分を見失ったこともありました。 そのひとつひとつから学びを得て、今があります。 人間にはしなやかなレジリエンス(回復力/困難を乗り越える力)が備わっています。 自分を信じてください。 一旦ドーンと落ち込んでもいいけど、なるべく持ち越さない。 ただ嘆いたり落ち込んでいても、そこに留まっているだけで良いことがひとつもないから。 ネガティブなコードを断ち切って、今できる何かを探す方にシフト。 前向きにシフトできない時は、回復するまで自分で自分をしっかり抱きしめて待ってあげる。 日々目にするショッキングなニュースは波紋のように 知らず知らず、皆さんの心にも広がって影響されています。 入ってくる情報にあまり動揺せず、 自分以外のことは「外」のこととして 自分の内側に入れないようにイメージしてください。 自分の心の平穏を最優先してください。 私も今月は今までにないほどに「自分」に集中しています。 自分の心と体にフォーカス! 自分の内側がワクワクすること、新しい体験をしたり、 学びを深めて資格を取ったり。 自分の居心地の良さもとても大切にしています。 思えば、もう随分と長い間、周りのことばかり考えて忙しくしてきました。 そういう自分もきっと好きだったのでしょう(笑) 今はいつも自分の中心にいること、 自分の軸(芯)をより真っ直ぐに太く強くすること、 そして、今まで後回しにしていた自分に愛を注いでいます。 まず、自分。 自分に愛があり、整っていれば、周りにも自然と良い波動が広がっていきます。 家庭内、仕事、全ての人間関係、大きく言えば世界平和にも繋がるのでは。。 過去を悔いたり、未来に不安を抱くのではなく、 「今、ここ」の自分に集中して、 どうか、どうか、ご自愛ください。