光と闇




今年の梅雨はとても長く、なんだか心も体もどんよりしてしまいますね。

そんな梅雨空に、悲しいニュースが重なった7月です。。。


私は約3年前、セラピスト/ヒーラー養成スクールで学ぶ過程で、心がとても楽になった覚えがあります。


人間の中にある二極性を理解できたからです。


光と影、陰と陽、善と悪、ポジティブとネガティブ、男性性と女性性、、等の二極化した面。


私にとって理想的な自分とは、やはり思いやりに溢れ、いつも笑顔で寛容な朗らかな女性です。

しかし、365日24時間そうはいきません(笑)

時にビックリするような自分も出てきます。

私の場合は特に運転中でしょうか(笑)

あまりにマナーの悪いドライバーと遭遇したりすると、突然男性的なスイッチが入り、セラピストにあるまじきワードを吐いたりも...!笑

いきなり退廃的な気分に陥る瞬間や、メソメソ泣いたりする時だってあります。


でも、いいのです。

世界中でたった一人、自分だけは自分の味方で理解者でいなければいけません。

時々出てくる自分のネガティブな部分も無視せずに感じてあげて、受け入れて、同じように丸ごと愛しましょう。

なぜそういう気持ちになったのか、感情が生まれたのか、そこを自分でわかってあげることが大事です。

認めたくないような自分の醜さや情けない部分が出てきても責めなくたっていいんです、にんげんだもの(笑)

ちゃんとその醜い子とも向き合って、慰めたり、労ったり、声をかけてあげてください。

お腹やハートに手を当てて対話したり、手のひらに親指姫のような小さい自分を乗せるイメージをしてもいいですよ。

そのうち、日頃感じてあげていなかった感情が溢れ出します。

「あれは辛かったよね、、」

「いつも頑張ってるね、ありがとう」など、感じるままに声をかけてあげてください。

(お風呂にゆっくり浸かりながらもオススメ◎)


周りにどう見られているか、どう思われるか、ということに囚われすぎたり、他人と比較して自己否定したり、求められる理想像を演じて無理をしすぎると、本当の自分を見失います。

いつのまにか、偽善的な自分が嫌になったり、ふと魔が差して闇の方に負けたりも。。。


私は本来とてもポジティブで楽天的な性格ですが、あまりに世間知らずで未熟だった20代に信頼していた人に陥れられ、耐えがたい誤解と侮辱を受けたショックで人間や社会に絶望し、完全に自分を失い、闇に落ち、死を以て自分の潔白を証明しようと、この人生を自ら終わらせようとした経験があります。

その時、一度私は死んだのだと思っています。

沢山のヘルプがあって、明るい方へ少しずつ戻ってくることができました。。。

なので、自分の経験を通して、人間の弱さや危うさも知っています。

人生には予期せぬ出来事が起こり、誰しもが別人のように変わってしまう可能性があるのです。


私はヒプノセラピーと出逢い、セラピストになる学びの中で、その深い傷を癒し、自分のダークサイドとも対峙し、心の膿を出しまくったので(笑)、今は晴れやかに光の方に立っていられます。

光と闇は表裏一体、共存している意味を知っている強さが私の中に生まれ、人生に起きた全てのことに意味を見出し、今は感謝しています。

そうなれた自分も20代後半で人生を諦め、闇にのまれる寸前だったからこそ、真っ暗闇のトンネルの中で一人動けないでいる人に出口への光を指し示すライトワーカーになりたいと真摯に思っています。


どんな自分も丸ごと受け入れて愛せるようになると、目の前の人の弱さや陰の部分もなんだか愛おしいと思えたり、自分のように思えてきます。

“あなた=私”だと。


人間関係に悩むと、やっぱり相手や周りに変わってほしいと先に求めてしまいがちですが、まずは自分からなんですね。

自分が変われば、必ず関係も状況も変化していきます。


自分と向き合いたい、もっと好きになりたい、変わりたいと感じている方は、是非カウンセリングやセラピーをお試しくださいね。

どんなことを開示して下さっても大丈夫です、それはきっと私の一部でもあるから。。


今日はとても長くなりました。

読んで下さってありがとうございます!


対面セッションの前に、メールやオンライン(Zoom等)でメニューのご相談やご質問もお気軽にどうぞ。



心晴れやかな8月になりますように!