自分の過去世を思い出すということ


2022年、GWいかがお過ごしですか?

なんとなーく月末の更新になりつつあるブログですが、一ヶ月って本当に早い。。

いつのまにか春夏秋冬が移り変わり、あっという間に今年も師走を迎えるのだろうなぁと思うと、若干焦りますね。笑


今年はそこまで大きな波はなくとも、静けさの中で私に何かを気づかせてくれるような、地味に(笑)ターニングポイントの年になるような、、なぜかそんな気がしています。


少しずつ海外との往来も戻ってきましたね!

久しぶりにハワイ行きたーい!笑

中学の時に両親に連れていってもらってから、何度も訪れている大好きな場所です。

チャンスがあれば住んでみたいし、不思議ですが、ルーツ的なものも感じます。

サモア系アメリカ人の方の瞳や笑顔を見ると、胸がじんわりあたたかく懐かしいような気持ちになることがありました。

説明がつかないけど、そういうことってありますよね。


ヒプノセラピーの過去世退行で、ハワイらしき島に住んでいた時代を思い出したこともありますし、過去世リーディングでタヒチにいた時代を視ていただいたこともあります。


魂は生まれ変わるという"輪廻転生"という考え方がOKでない方には、スピリチュアル色が強く奇天烈な内容にはなりますが、こういうことって理論的に頭で理解するのは難しく、自分で体感しないことには分かりません。

逆に自分の体で、目で心で体感したことだけが、私/その人の中の真実だと思っています。


私自身も数年前にトレーニングを受け、人の過去世をリーディングすることができるようになりました。

今生でなく、違う時代・国や場所に生きていた別の人生を読み解いていきます。

私がリーディングさせていただくことも、クライアントとしてメッセージを受け取ることも、興味深く尊い体験で、気づきを得ることも多いのですが、ヒプノセラピーの中で前世・過去世退行をして自分自身で自分の魂が辿ってきた履歴を思い出す、追体験する凄みにはかなわないと個人的には思っています。

人から聞いた昔話と、自分が実際に思い出し体感することでは大きな差がありますから。


あなたに前世・過去世があるとしたら、あなたの魂はどんな人生を生きたのでしょう?


それは、今のあなたに、人生に、知らず知らず影響を与えているかもしれません。


私は2017年の誕生日前日にヒプノセラピーを受けたことで、人生が大きく変わりました。


あまり予備知識もないまま、後に師となる大槻麻衣子先生のヒプノセラピーを初対面で受けたのですが、約2時間のセッション後、見える世界が一変したような、新しい自分に生まれ変わったような体感と変化がありました。

大きな大きな、魂のトラウマ、悲しみと傷を癒したのです。


私は自分が子供の頃から、自分より小さな子供が好きで(笑)、特に赤ちゃんはとても尊い宝もの、希望の光の存在のように感じていました。

年齢を重ねると共に、ただの子供好きというレベルではないなと自分でも感じていましたし、いつかはママになりたいと漠然と願ってきました。


ですが、子供はおろか、パートナーを持つこともできないのです。。(泣笑)


その矛盾や答えが、たった一回のヒプノセラピーで解消・解明できたような感動体験をして、今に至ります。

あまりに衝撃的な体験をしたので、「なんなんだっコレは?!」と自分でちゃんと理解したくて、養成講座に通い、自分がヒプノセラピストになってしまいました。笑


結婚もしたいし、子供も持ちたいと思っているのに、でもそうなれるように歩んでこなかった・これなかった理由が深いところで分かりました。


ザックリ言うと、私の魂は愛するパートナーや自分の命よりも大切な我が子を失ってきた経験がとても多いことを知りました。

色々な時代や場所、性別は違っていても、誰かを深く愛し、その人との大切な子をこの手に抱き、この上ない幸せを感じていたのに、戦争や飢餓などで愛する家族を亡くしてきた悲しみ・魂の記憶が、今の日本に生きる私の奥深くに刻まれていて、たった一人の愛する伴侶を持つこと、一緒に生きていくと約束をすること、その人との宝ものを授かることがとてつもなく怖いのです。

愛してもまた失って耐え難い喪失感と悲しみを味わうのでは…と、勝手に思い込み、深いところの自分がずっとブレーキをかけていたのだと悟りました。

自分の内側にある矛盾や屈折した部分、言行不一致の理由、その根源が分かったのです。


あんな悲しみを味わうくらいなら、いっそ一人でいようと生きてきた回(過去世)も多いようです、僧侶とかシスターとかね、祈ることや奉仕することを生きがいに。

今生も基本楽しく自由に生きてきましたが、未来予想図を共に描けるような人をなぜか好きになれず、不毛な恋愛ばかり。。(苦笑)


まだ愛を得てもいないのに、始まる前からもう失う心の準備をしていたこと、どこかで冷めていたり諦めていたこと、心の奥深くに持っていた自分の恐れを、私は過去世を知ることで理解しました。


頭で考えると難しいというか、"スピリチュアル"とジャッジされてしまうかもしれませんが、思考を超えた体験、"腹落ち"するというか、理屈抜きで納得するしかなかった、そんな体験・体感でした。


独身で子供を産んだこともないのに、ヒプノセラピーの過去世退行中に感じた、我が子をこの手に抱いた時の大きな幸福感と目の前で殺された絶望感は信じられないほどにリアルで、私にしか分からない感覚ですが、紛れもなくこれは私の内側(魂)が味わった"真実"なのだと、認めざるを得ない体験をしてしまったのです。。。

鳥肌とかのレベルでない、全身の皮膚や内臓が外側にひっくり返るような、呼吸するのも苦しくなるくらいのショックがフラッシュバックして、号泣や嗚咽とも違う”ダム決壊”と呼ぶにふさわしい(笑)量の涙が流れ落ちました。

"今の私"でなく、"魂の部分"が思い出して泣いている、、それは"私"には止められない、そんな感じ。


私がなぜ、友達の子供たちを親族レベルで大切に想い愛すのか、電車や道で遭遇した赤ちゃんに心の中で”病気しないでね、元気でいてね”と勝手にテレパシーや祈りを送ってきたのか(変態)、世界の子供たちが傷ついているニュースを昔から直視できなかったのか、、その答えが見つかりました。


私は特に幼少期に心霊体験が多くあり、体はこの世になくとも、中身(笑)は浮遊したり、想いというか無念は残るのだと、不可思議な現象を多々体験しましたから、天国という場所に行けた人にはきっと前世や来世もあるのだろうなぁと昔から思ってはいましたが、完全にあるんだ、魂は車(体)を乗り換えて、ずっと生き続けるということを、ヒプノセラピーを受けて実感しました。

自ずと死生観も変わり、人の死の捉え方、見送り方も変わりました。


ヒプノセラピー/催眠療法は、催眠術ではないので、催眠術師が術をかけるとか操るとか、TVショーでエンターテイメント的に盛られている”催眠”とは別です。

常に主導権はクライアント側にあり、セラピストはガイドとして側に寄り添っているだけです。

ですので、クライアントがどれだけ純粋に、そしてリラックスしてセラピーを受けられるかが鍵で、こちらが勝手に誘導して進めることはありません。


3D映画の主人公のようにドラマチックな体験をする方もいれば、砂嵐風のモノクロ、アニメや紙芝居のようにゆっくりと展開していく方、本当に様々、十人十色です。

イメージを見る領域=潜在意識への扉が硬く、なかなか入っていけない方もいますし、前世・過去世のストーリーでなく、現世の幼少期や思春期の頃を思い出して癒すことの方が大切であれば、そちらが優先され、イメージが出てきます。(インナーチャイルドセラピー)

それも全て、クライアント様次第なのです。

その方の、”今ここ”に一番大切で最善のものがデータバンクからピックアップされます。

私たちの概念の範疇を超えた魂レベルのことが起きたりするので、私も側で拝見していて、毎回驚きと深い感動に包まれます。

私がクライアントとして、自分の一つの過去世を追体験し、その悲しみを理解し解放できたことで、だから今までの人生はこうだったのか…!と悟り、でもだからこそ、今生はその恐れを手放して、勇気を持ってまた深く人を愛してみようと、己と向き合っている最中です。(四十路なう♡笑)


初回では、ヨーロッパのお姫様→生まれたばかりの赤ん坊含め家族全員敵国に殺され、若く綺麗だったために死ぬまで一人幽閉(性奴隷に)されたという辛い過去世を癒しましたが、他の過去世もセラピストになる過程で沢山追体験して癒しました。

まぁ酷い残酷な履歴の多いこと多いこと。笑

メソポタミアのギロチン処刑もハンパない体感でした。。。

こんなことを書くと、ヒプノセラピーを怖がられたり、オカルト系だと誤解されてしまうかもですが、しょうがないんですよね、私がこの体で体験した真実ですから。

でも心配しないでください、こんなエグい退行する人はなかなかいません!笑

自分の奥深く(潜在意識)が許可していないと、こんなエグい描写は追体験しません。

私は度胸があるし、このレベルの深い傷を癒すこと、そしてその効果や恩恵を自らが実感することが、ヒプノセラピストになるために必要だったのだと思います。


とても不思議ですけど、今回の家族や親しい人達が、時代や国、関係性や性別などが違っていても、過去世のストーリーにも登場し、「あ!◯◯だ!」と分かったりします。

クライアントとして体感した人にしか分からない感覚ですが、姿形は全く違うのに何故だか分かります、感じます。

ですので、また今生でも出逢えたんだと、より愛や感謝の念を対象者に抱いたり、逆に何百年と続いてきた因縁やカルマを解消できたりする可能性も。


私をメソポタミア時代に陥れ処刑した人物こそ、今生でも私を騙し、尊厳を傷つけ、自死寸前まで追いやった人と同一人物だったのです(!)

これはかなり衝撃的でしたが、こうやって良い縁も悪縁も、私たちはお互いに学び合い成長するために、何十回・何百回と出逢いを繰り返しているのですね。

私は今後何度生まれ変わっても、その人の魂と、もう二度と交差することはないと自分で分かっています。

鎖のように絡まった呪いのような因縁(笑)を解いた実感がありました。

私も充分学ばせてもらい、赦し、そのループから遂に離脱できたのですね。


一生、“ヒプノセラピー/催眠療法”というワードを耳にされない方、出合わない方もいるでしょう。

日々の他の情報も全てそうですが、人間自分に必要でないものは基本キャッチしないのだと思います。

一瞬入ってきても、必要でなければスルーして、頭の隅にも残らず消えていく。。

今の自分から変わるきっかけや何かに気づいたり学ぶため、日々数えきれないほど流れてくる情報の中から、ひとつひとつを拾い上げるのだと思います。


周りの方から聞いたり、偶然目や耳にして、ふと検索したことなども、偶然ではなく全て必然なんですよね。


私のHPやブログはかなり地味にシェアしていますが、あなた、、もう見ちゃいましたね?(喪黒福造風、笑)


ヒプノセラピーを受ける受けないはもちろん自由意思ですが、そんな不思議な療法がこの世にはあり、欧米では以前から精神科医が治療に用いて(ご興味があれば、ワイス博士の「前世療法」を検索してみてください)、日本でも昨今は民間療法だけでなく医療的にも取り入れられていることを、今日はキャッチしておいてくださいね。


私がそうであったように、必要な方が必要な時に、受けられるのだと思っています。

私は自分の魂の記憶や履歴を思い出し、解放できたことで、とても軽くなり、ポジティブに変容したので、情報を受け取られた方には、恐れずにご自分のタイミングでトライしていただければと思います。


幼少期のトラウマや体験したこと、もしくはもっと大昔の古傷が、今のあなたに影響しているかもしれません。

それを自分で思い出し、今の自分が昔の自分に共感し、癒し、解放する=ヒプノセラピー/催眠療法です。


たまにふと、皆さまのガイドをさせていただきながら、ジブリの「千と千尋の神隠し」の銭婆の言葉を思い出すことがあります。


「一度あったことは忘れないものさ、思い出せないだけで。」


人間は辛い出来事ほど、思い出さないように蓋をして、なかったことのように記憶から消し去っているようなところがあります。

けっこう自分に都合良く、頭の中で書き換えていたりも。

でも本当はそのまま全てがデータバンクには残っています。

今生の今までの記録・記憶はもちろん、魂に刻まれているものも全て。。。


傷がかさぶた(蓋)になって、もう大丈夫と表面的には思っていたり、今は忘れているような昔の傷も、かさぶたの下では今もジュクジュク膿んでいて、その痛みが今の現実を創っている根源だとしたら、、?


人間関係に繰り返されるパターンがあったり、今少し苦しいな、生きづらいな、変わりたいという方、まずはカウンセリングからお待ちしています。

人様の魂や心の奥深くにタッチさせていただくようなセラピーなので、私も責任感と緊張感とリスペクトを持って臨んでいます。


きっと来世もあるでしょうが、一旦はリセットされてしまいます。

今回の人生は一度きり、いつ最期の日を迎えるかは誰にもわかりません。


お互いなるべく悔いなく、与えられた命を生ききりましょう。