top of page

Inner Child/Wonder Child


すっかり冬らしくなってきましたね〜!

ハロウィンが終わって、スタバのカップがクリスマス使用になると一気に年末感が。。笑

皆既月食×天王星食、ご覧になりました?

私は家のベランダから双眼鏡で観ていましたよ〜

一眼レフの充電を忘れたので、コンデジ画像ですが、スマホよりは写りましたね。


1580年以来442年(!)ぶりとか言われると、壮大すぎますよねぇ、、信長も観たのか??笑

こうやって天体観測したり、星や宇宙のことを考えて、宇宙から見た地球→日本→東京とGoogle Earth風に見ると、本当に小さい範囲で私たちは生きていて、人間の一生とは刹那的だな、、と思ったりします。


師であるサイキックティーチャー、クレッグ・ジュンジュラス氏×大槻麻衣子先生のオンラインセミナーのアシスタントを時々させていただいています。

11月27日から始まった3dayセミナーは「聖なる光を灯す”エッセネ派”の叡智」


聖アンナ(マリアの母・キリストの祖母)を中心とする古代ユダヤ教の一派であったエッセネ派の叡智に触れ、本質的に大切なものは何かを思い出し、人間の心に内在する神聖な光を灯すというX’masシーズンにぴったりのプログラムです☆


私の育った家は仏教でしたし(真言宗)、学校もカトリック系などではなかったので、教会やキリストや聖書などと今まであまり関わってこず、知識もほぼありません。

(歴史的建造物として、教会を観に行くのは好きでしたけどね)

今回アシスタントをさせていただきながら、不思議な縁と懐かしさを覚えています。

セッションメニューにもあるAURA-SOMA®の約120本あるカラーボトルの中にも”エッセネボトル”というエッセネ派のエッセンスの入ったクリアー×ピンク色のボトルが2本あったり、誕生数秘学も元々は古代ユダヤ人に伝承されてきた智慧ですから、今回のセミナー内容も含め、私の魂が経験してきた履歴の中で、自分もエッセネ派やユダヤ人と関わるルーツや縁があったのだろうなぁ、、と過去世に想いを馳せています。

今世で自分の内側の本質的な部分(魂)が惹かれたり、学ぶ物事は過去世からずっと続いているのかもしれませんね。

新しい学びをしているようで、実は魂の古い記憶や想いを回収していくような作業をしているのでしょうか。


今年も残り僅かですが、年内に手放しておきたいことがありませんか?


私も今年は大掃除を大晦日ではなく、少しずつ手をつけていこうと思っています。

積読している本も沢山ありますね、、笑

ミニマムな暮らしには程遠いですが、なるべく物を減らしたい!(毎年言ってる)


心の中も同じですね。

放ったらかしておくと、どこから手をつけて良いのか分からなくなります。


心の中の整理やお掃除をするのはご本人で、あくまで私たちはお手伝いですが、ヒプノセラピーのインナーチャイルドワークの効果や凄みを感じ、毎回感動しています。


私たちは毎日忙しなく生活していて、目の前のことに必死で過去を忘れてしまっていたり、記憶が薄れているけれど、幼い頃に傷ついたままの小さな自分が心の奥で泣いたまま、ひとりぼっちでいる可能性が誰にでもあります。


その子が大人になった今の自分の生き方や人間関係、思考パターンに影響を与えている場合が多いです。


過去にあった出来事は変えられませんが、過去の自分に共感して癒し、それが自分の人生に与えられた意味を見出すことで、ネガティブ→ポジティブなものに書き換える(リフレーミングする)ことができます。


インナーチャイルドは決して幼少期や思春期に限らず、つい数年前や昨日の自分=副人格の場合もあります。


ものすごく辛い出来事や深く傷ついた時、人は自分を守るため、どうにか毎日を生きるために、それを忘れようと隅に追いやり、蓋をして何もなかったかのように処理をすることがあります。

時が過ぎ、なんとなくその出来事は薄くなって、もう大丈夫なように思いますが、それはとても表面的なもので、実は傷は全く癒えていなく、今も蓋の中でジュクジュクと痛み、膿んで、もう一人の自分が苦しんでいます。


その傷や当時の自分と再び向き合うことは少し勇気が要りますが、放っておいても良くはならないんですよね。。


今もし生きづらさや人間関係に葛藤をお持ちなら、見てみぬふりはせず、心の奥にいる大切なもう一人の自分や過去の自分を救い出して抱きしめてあげましょう。


私たちセラピストが助けるのではなく、あなた自身がイメージの中で、自分で自分を癒す=ヒプノセラピーです。


過去の傷が癒え、内側の自分が笑顔になったり、あたたかく明るいところへ解放されると、あなた本来の光が甦り(エンパワーメント)、現実の生活や人間関係も好転していくことが感じられていきます。

私は側で、クライアント様が内側の自分と対峙して、自らを抱きしめ(統合)、光を取り戻した瞬間やお帰りになる時に放つエネルギーに毎回感動し、心が震えます。。。


後から嬉しいフィードバックや励みになるご報告をいただくことも多く、自分の心の奥(潜在意識)と繋がることの大切さや恩恵を日々感じています。


思い当たる幼い自分や、思い出すと胸が痛くなるような出来事はありませんか?


今も痛む=癒えていない証拠です


リフレームできていれば、”あれがあったから今の自分がある”と過去に感謝できるように変わります。


私はヒプノセラピーに出合ってから、ひとつひとつを丁寧に癒して、本質的な自分を取り戻してきました。


傷ついたインナーチャイルドはワンダーチャイルドに変容し、私の内側から光を放つような頼もしい存在です。


心に内在するインナーチャイルド/ワンダーチャイルドの両方と対峙することは、内側の陰陽統合であり、どちらも愛おしく尊い存在です◯


大槻ホリスティックのオンライン講座のアシスタントに入らせていただき、先日ワンダーチャイルドワークのクライアント役になって、持って生まれた個性や強み=私のギフトを3つ挙げていったところ、「天真爛漫」「純真/純粋」「ユニーク」でした。


今40歳ですが、どんどんこんな↑子供のようなエネルギーになっていってます。笑


私は今まで沢山傷ついたし、闇の中にいた頃もありましたが、それを経て、どんどん魂本来の自分(ワンダーチャイルド)と一致してきた感があります。

闇を知る、経験することも、真の自分になるためのプロセスで、必然だったと今なら分かる。


そして、数年前にヒプノセラピーを体験してから、私はより自由に楽に生きています。


それはどこにいても、誰といても、”自分らしく”いられるようになったから。


“自分らしさ”とは何かを思い出す・取り戻した30代でした。


誰かに期待される/求められる自分を演じなくても、嫌われないように/目立たないように本心や本来の姿を隠さなくても大丈夫。


こんな風に強くなれたのは、自分を取り戻し、いつもハートの声を聴き、自己一致しているからです。


日本の分かりにくい本音と建前の社会や、人をジャッジして当てはめようとする組織の中では時に空気が読めない存在(笑)や一匹狼的になる可能性もありますが、私は自分の一番の理解者で味方です。

群れなくても、属さなくても、もう怖くありません。


嘘をついたり、誤魔化したり、陰口を言うくらいなら、本人に言っちゃうか、離れます。笑

それが私の誠実さ(バカ正直)であり、愛であり、清々しく生きるということ。


こんな不器用でストレートな私を理解してくれる仲間がいてくれることに感謝します。


人生(今生)は長いようで短いのだろうと思います。

だって、2022年ももう終わりですよ?


残りの時間、どう生きますか、、?


過去を癒して、自分本来の輝き・強さを取り戻したい方、心の断捨離・大掃除、お待ちしていますね!

(年内は12月29日までご予約承ります)

まずは、カウンセリングからトライしてみてください。


Comments


bottom of page